読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の故障で、大学入試センター試験に遅れる学生に対して取ったJRに批判の声が!

JR滝川駅で特急が故障運休 受験生7人タクシーで送る

 


大学入試センター試験

 14日朝、JR函館線の旭川発札幌行き特急スーパーカムイ10号(5両編成)が車両の不具合で運休し、JR北海道滝川駅滝川市)からこの特急で大学入試センター試験に向かう予定だった受験生7人を、タクシーで岩見沢市の試験会場に送った。
 JR北海道によると、旭川市の旭川運転所で14日午前7時35分ごろ、車両の自動列車停止装置(ATS)の故障表示が出るトラブルが発生。特急に乗る予定の受験生がいないか各駅の構内アナウンスで呼び掛け、滝川駅で7人が申し出た。
 同社は後続列車では間に合わないと判断。タクシーを手配し、午前8時25分ごろから順次、試験会場に送った。いずれも試験開始時間に間に合ったとみられるという。列車の料金は払い戻さず、タクシー代はJR北海道が負担した。

これに対して、学生だけ特別扱いなどの声

自分の危機管理が出来て居ないからとの声など様々

 

じゃ、会社に遅れて困るのなら自分から、JRに対して救済を求めたのか?

求めもしないで、遅刻しても構わないと思っていたからだろうが!

自分が歩いてて、車に跳ねられ大けがしたら、他人から危機管理が出来て居ない

から、事故に合うんだと言われたらどんな思いをする

人の痛み、人の思いやりがない日本人が居るから、平気で人を殺して見たかったと言う

馬鹿な日本人が出てくるんだ!